レジェンドウォーズの攻略最新情報を配信!

更新履歴

レジェンドウォーズ バトルフィーバーJまとめ

レジェンドウォーズのバトルフィーバーJについて紹介しています。

 

バトルフィーバーJ

↓ポイント貯めてVジェムGET↓

pom

無料アプリDLやアンケートで確実にポイントが増える!

スーパー戦隊レジェンドウォーズには、バトルフィーバーJが登場します。

 

バトルフィーバーJとは

ジャッカー電撃隊の放送終了後、1979年2月3日から1980年1月26日に放送されました。

 

バトルフィーバーJが放送される前に期間が空いているのは、マーベルとの提携でスパイダーマンが放送されていたからなのです。

 

バトルフィーバーJのメンバー

伝正夫:バトルジャパン

アジア代表の戦士として、バトルフィーバーJのリーダーを任せられる存在。

 

バトルジャパン

 

真面目で優秀明晰な頭脳を持っている事からも、仲間や上司からの信頼も厚く慕われています。

 

白石謙作:バトルコサック(初代)

ユーラシア代表の戦士で、コサックダンスを武器に敵を倒していきます。

 

バトルコサック

 

ストーリーの途中で白石謙作は殉職してしまうのです。

 

神誠:バトルコサック(2代目)

バトルフィーバーJ第33話から登場した、射撃の名手になっています。

 

白石謙作亡き後は、2代目バトルコサックとして活躍したのです。

 

志田京介:バトルフランス

ヨーロッパ代表の戦士で、バトルフィーバーJのムードメーカー的な存在。

 

バトルフランス

 

志田京介は戦士としてだけではなく、美容師としての腕も超一流なのです。

 

曙四郎:バトルケニア

アフリカ代表の戦士で、バトルフィーバーJで最も力があります。

 

バトルコサック

 

バトルケニアは力だけではなく、スピードにも優れているのであらゆる敵に対応する事ができるのです。

 

ダイアン・マーチン:ミスアメリカ(初代)

アメリカ代表の戦士で、バトルフィーバーJ唯一の女性戦士です。

 

ミスアメリカ

 

敵とのバトル時は、ディスコダンスを武器に撃破していくというスタイルでした。

 

第24話で、ミスアメリカの役目を終えています。

 

汀マリア:ミスアメリカ(2代目)

ダイアンがミスアメリカを降りた代わりに、バトルフィーバーJに配属されたのが汀マリアです。

 

バトルフィーバーJでは最年少となり、アクティブな性格からチームのムードメーカーとなります。